猫の予防接種



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

猫の予防接種は、家族の一員として猫を飼っている人にとって非常に重要な問題です。猫に影響を与える病気やウイルスの予防に不可欠なワクチンは、まだ若いうちに猫に投与する必要がありますが、60日以上経過する前に、抗体が母親から母子に渡されるため、誕生は、効果が望ましい効果を発揮するのを妨げます。

のための理想的な行動 猫への予防接種 最も適切な方法で投与することは、あなたのペットが生後数ヶ月でさえ獣医の診察に連れて行かれ、必要に応じて評価され、薬を服用できることです。それぞれの猫のワクチンには特定の間隔の時間と期間があるので、専門の専門家だけが猫が受けるべき薬の全範囲を正しく示すことができます。犬の予防接種についても読んでください!

子猫に最初に投与されるワクチンの中には、猫汎白血球減少症、カリクウイルス、鼻気管炎、クラミジア症、猫白血病として知られる猫白血病などの病気から動物を予防するワクチンがあります。毎年繰り返されます。

続きを読む:ネコカリシウイルス-予防と治療

ワクチン接種の効率を保証するために、動物が12週間の寿命を終えるまで、用量の適用は3〜4週間の間隔を持つ必要があります。もう一つの重要な用量は 狂犬病ワクチン、これは生後4か月以降にのみ猫に投与する必要があり、毎年更新する必要があります。

予防接種時の猫のストレスを和らげる良いヒントは、予防接種の日の前に少なくとも一度は獣医クリニックにペットを連れて行くことです。こうすることで、猫はもう少し慣れます。動物の恐怖の問題を促進し、大幅に減らす場所。リンクをクリックして、猫の予防接種について詳しく学んでください。


ビデオ: 子猫猫ログ ろくちゃちゃ日記 第3話 予防接種に行くよ


前の記事

滅菌-神話を暴き、事実を知る

次の記事

ペットに優しい家を清潔に保つための便利なハック

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos