感覚過刺激はあなたの犬にストレスを与えていますか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Adrienneは、認定された犬のトレーナー、行動コンサルタント、元獣医助手、そして「犬のための脳トレーニング」の著者です。

あなたの犬は過剰に刺激されていますか?

犬の専門家は、刺激が不十分な犬についてよく話しますが、スペクトルの反対側には、刺激が過剰な無数の犬がいます。犬の飼い主は、過剰刺激が犬に与える影響に気付かないことが多く、実際には犬がより弱い曝露と環境へのより良い対処方法についてより多くのスキルを必要とするのに、犬はもっと訓練が必要だと信じることがあります。

しかし、犬に過剰刺激を引き起こす原因は何ですか?兆候は何ですか?そして、過剰刺激が犬の生活に与える影響を減らすためにどのような措置を講じることができますか?

犬の刺激と感覚受容器

私たちの犬が環境内の刺激にさらされるたびに、無数のニューロンが発火し、犬の脳は反応の仕方を教えることで反応します。 A 刺激 は、身体に伝達され、生理学的または心理的反応を誘発するエネルギーの形態です。音の発生源を特定するのが単なる耳のけいれんであるか、庭を通り過ぎて歩いている見知らぬ人に向けられたより一貫した吠え声であるかにかかわらず、犬は日常的にさらされる刺激に反応する傾向があります。

これは犬(そして人間)が特別なものを持っているために起こります 感覚受容器 中枢神経系の処理回路に感覚情報を運ぶことによって刺激に反応する神経終末を持っています。感覚受容器は、犬の聴覚系(聴覚)、嗅覚系(嗅覚)、視覚系(見る)、触覚系(感覚)、味覚系(味覚)に見られます。

環境内の刺激に反応することは、動物の生存の可能性が高くなるため重要です。危険を感じた犬は、生存の可能性を高めるために行動を起こす可能性があります。犬は、環境内の外部刺激に反応するだけでなく、内部刺激にも反応します。たとえば、内面の空腹感は犬に食べ物を求めさせ、内面の渇きは犬に水を求めさせます。

見られるように、刺激に反応する犬の能力は非常に重要であり、より注意深い犬はそうでない犬と比較して生き残り、繁殖する可能性が高くなります。

あなたの犬の視点から世界を見る

環境内の刺激に反応することは犬にとって重要であり、生存の可能性を高めますが(適応型)、あまりにも多くの刺激に反応することはそうではないかもしれません。たとえば、ヘビから退却する犬は適切な、 アダプティブ 行動、動くものすべてから後退する犬は異常な行動を示します 不適応、 アメリカ獣医行動学部の外交官であり、応用動物行動学者であるカレン・オーバーオールは説明します。

感覚的および視覚的刺激は圧倒的である可能性があります

犬が都市環境にさらされると、犬は大量の 感覚刺激。 電話の呼び出し音、コンピューターのビープ音、食器洗い機の音、ドアベル、目覚まし時計、煙探知器、電子レンジ、洗濯機、テレビの音は、屋内の聴覚刺激のほんの一例です。サイレン、車のドアが閉まる、他の犬が吠える、ヘリコプターがホバリングする、騒々しいごみ収集車などの屋外の騒音は言うまでもありません。

窓にアクセスできる犬や庭に残された犬は、しばしば追加の犬にさらされます 視覚刺激 通りすがりの車、歩いている見知らぬ人、ジョギング、遊んでいる子供たち(できれば犬をからかわない)、郵便局員、犬を散歩させている人々などの形で。

犬は私たちのやり方で刺激を理解していません

私たち人間は、私たちが日常的にさらされている多くの刺激を理解しています。愛する人が留守番電話にメッセージを残してくれることを嬉しく思います。フェデックスが荷物を届けてくれるのを楽しみにしています。煙探知器がストーブで食事が燃えていることを知らせてくれて、ホバリングしているヘリコプターがそうではないことを知っているときは感謝しています。私たちへの脅威。何よりも、新しい音があれば、いつでも自分自身に話しかけて安心させることができます。そのドリルノイズは何ですか?ああ、それは私たちの隣人です、彼らはドアを修理しています!しかし、犬はどうですか?犬はしばしば混乱し、無力な状態に置かれます。犬は何が起こっているのか理解していません。

それに加えて、騒がしい人、泣いている赤ちゃん、デイケアで見知らぬ犬、犬の頭を撫でたい見知らぬ人、散歩で怖い刺激、活動的な子供たちに犬をさらすと、さらに刺激がリストに追加される可能性があります犬を追いかけて遊んでもらいます。それで、犬はストレスの多い世界に住んでいますか?もちろん、すべてではありませんが、犬が日常的にさらしている刺激の過負荷と一緒にそれを保持できるようになるために、犬がどれほど適応力があるかに驚かなければならないことがあります!

「研究によると、犬は最も順応性のある動物の1つです。したがって、ほとんどの犬の保護者は、どんなにストレスがあっても、私たちが提供する環境に適応することが犬の仕事であると考えています。

この場合、おそらく私たちの犬が私たちのために何かをしたいという意欲が彼らのアキレス腱になっています。彼らの完全なコンプライアンスの結果、犬はかつてないほどストレスを受けています。」

—ジョシュア・リーズとスーザン・ワグナー

犬における過剰刺激の影響

多くの犬は刺激に対処することができ、他の犬は最終的に適応しますが、他の犬はそうではないかもしれません。犬が警戒、恐怖、または脅迫として知覚する刺激に襲われると、一連の生理学的反応が活性化し、戦いまたは逃走反応を引き起こします。

これが起こると、犬の交感神経系は、犬を危険から守り、生存の可能性を高める働きをする化学物質を放出します。血液が大きな筋肉に流れるので、犬は疾走して行動し、心臓の鼓動が速くなり、瞳孔が拡張し、犬は他の生理学的変化に関連するアドレナリンラッシュを経験します。

慢性的な過剰刺激により、犬は継続的にこの高警戒状態になり、オーバードライブにつながる可能性があります。以下は、過剰に刺激された犬のいくつかの潜在的な兆候です。

私の犬が過剰に刺激されている兆候

  • 常に警戒状態にある
  • 騒音で頻繁に吠える
  • 露出後に落ち着くのに苦労
  • 絶え間ない舐め
  • ペーシング
  • あえぎ
  • よく眠れない
  • レム睡眠の減少
  • 多動性
  • 強迫行動

過剰に刺激された犬を助ける方法

過剰に刺激された犬をどのように助けることができますか?犬が生きることを意図していた生活を見ると、自然の中で見られる聴覚刺激にさらされます。鳥のさえずり、野原の牛、夜更かしは、特に農場で育てられた場合、犬が理解しそうな音です。それでも、都会に住む仲間を助けるために急進的な動きをする必要はありません。彼らの生活のストレスを軽減するためのいくつかのステップがあります。ここにいくつかのヒントがあります。

幼い頃からあなたの犬と付き合いましょう。

子犬は、一般的に4週齢から16週齢の間に起こる社会化の重要なウィンドウを通過します。これは、子犬が一生さらされる可能性のあるすべての光景、音、匂いにそれらをさらすのに最適な時期です。電話の音、真空、自転車に乗っている人、子供、車など、人生で遭遇する可能性のあるすべてのものに子犬を慣れさせると、子犬が刺激全体を受け入れる可能性が高くなります通常通りパッケージします。

あなたの犬の行動を記録します。

多くの犬の飼い主は、一日の大部分を家に放っておくと、犬がどのように感じるかを理解していません。飼い主の不在時の犬の行動を記録することで、飼い主がどのように感じているかについて重要な洞察を得ることができます。多くの犬は、飼い主の安心感を奪われているため、飼い主が不在のときは音にうまく対処できません。

マッフル音。

犬が音でストレスを感じているように見える場合は、何らかの形のホワイトノイズを提供して、音を消音することができます。ラジオをオンにしたり、音楽を再生したり(犬の耳を通して)、排気ファンを動かしてみてください。もちろん、これらの音は犬に癒し効果があると思われる場合にのみ使用してください。また、ノイズを一段階下げるのにも役立ちます。テレビの音量を下げ、お気に入りのチームが勝ったときに過度の騒ぎを起こさないようにし、ラジオの音量を下げて、ゲストにドアベルを使用しないように伝えます(事前に電話をかけてもらいます)。

視覚刺激を減らす.

窓や網戸の後ろで屋外の刺激に吠える時間を過ごす犬は、視覚的なアクセスをブロックすることで恩恵を受けます。これは、窓にシースルーでない接着剤を配置するか、屋外への視覚的なアクセスを許可しない部屋に犬を飼うことによって達成できます。庭の引き金で吠える犬は特別な柵の恩恵を受けるかもしれません

心を落ち着かせるエイズに投資する。

DAPディフューザー、DAP首輪、ボディラップ、落ち着くケープ、栄養補助食品などの落ち着きのある補助具は、犬がストレスの多い刺激にうまく対処するのに役立ちます。

予測可能な環境を提供します。

人間と同じように、動物は予測可能な相互作用と結果に安心していると、理事会認定の獣医行動学者、デブラF.ホルウィッツは説明します。あなたがあなたの犬のスケジュールやライフスタイルを混乱させるとき、これはストレスと不安を引き起こす可能性があります。ルーチンに固執するために最善を尽くします。

運動を提供しますが、適切な種類です。

犬の飼い主は、運動が多くの点で犬を助けることができるとよく言われます。あなたの犬を運動させると彼はより良く行動します、疲れた犬は良い犬ですなど。運動はすべての犬の問題の万能薬になっているようですが、運動も過度に刺激し、犬の反応性のレベルを高める可能性があることを認識することが重要です。この記事では、過度の興奮が犬の血流に高レベルのストレスホルモンを引き起こす可能性があることを説明します。より良い選択肢は、精神的な運動と一緒に制御された設定で運動に従事することかもしれません。

鈍感にし、打ち消します。

あなたはあなたの犬が脱感作とカウンターコンディショニングを通して騒音にうまく対処するのを助けることができます。そのビープ音をあなたの犬が聞くのが大好きなものに変えてください!サンプルについては、「その方法を聞く」を参照してください。視覚刺激に反応する犬は、「それを見て」方法の恩恵を受ける可能性があります。これらの方法の実装を支援する犬の行動の専門家を見つけてください。

見られるように、あなたの犬が彼の人生の刺激にうまく対処するのを助けることができるいくつかの方法があります。あなたの犬を助けることによって、あなたはリラックスする可能性が高いストレスの少ない仲間を持つことができるかもしれません。その上、彼の人生のストレスが少ないので、あなたはコミュニケーションの線を開き、あなたの犬が本当に彼に害を及ぼさない刺激について心配するのではなく、トレーニング(そしてあなたとの絆)に集中するためのより多くのエネルギーを持っているでしょう。

©2015エイドリアンファリチェリ

ボブドッグオーナー 2018年8月24日:

ニュートリキュティカル?彼らは人間でも機能しません....(プラセボレスポンダーを除いて。あなたは犬について本当に何か知っていますか、それともあなたは重要で知識が豊富だと感じたい「気持ちいい/やる気」の一人ですか?あなたは確かにインターネット上で多作です、それであなたは私があなたのサイトであまりにも頻繁に見るようなくだらない情報を買うために犬の大規模なコミュニティを持っています。

DevikaPrimić 2015年10月29日にクロアチアのドゥブロヴニクから:

犬は素晴らしいペットです。過度に刺激されたときの犬のための便利なヒント。

スハイルズベイド別名クラークケント 2015年10月29日にミシサガ、ONから:

確かに非常に有益な記事。私はそれが私の甘い隣人の2人に当てはまると信じています。彼らの犬は間違いなく過剰に刺激されています。しかし、彼らも甘い犬です。

それどころか、私は犬と過ごす時間がほとんどないので、私の犬は退屈な生活を送っていると思います。私が彼を歩いているとき、または彼と一緒に長時間ハイキングをしているときに他の犬を見ると、彼は過度に刺激されます。

ボブ・バンベルク 2015年10月29日:

貴重な情報が満載の興味深いハブ、エイドリアン。私はいつも過剰に刺激された犬を見ます。私は1日5時間、週6日、さまざまなペット用品店で過ごしています。人々が犬を連れてくると、見知らぬ人や他の犬の匂い、音、存在に圧倒される傾向があります。ほとんどの犬は、そのような状況では私からおやつをもらえません。彼らは環境に反応するのに忙しすぎます。多くの飼い主は、犬が「興奮している」と思っており、状況に対処するために何もしていません。


  • 1症状
  • 2つの原因
  • 3他の障害および状態の構成要素として
  • 4つの治療法
  • 5予防
  • 6マーケティング
    • 6.1公共政策の意味
    • 6.2消費者への影響
    • 6.3人間の感覚とマーケティング
  • 7ケースヒストリー
  • 8歴史
  • 9関連項目
  • 10参考文献

感覚過負荷に関連することがわかっているさまざまな症状があります。これらの症状は、子供と大人の両方で発生する可能性があります。これらの症状のいくつかは次のとおりです。

  • 過敏性
  • 「シャットダウン」、または活動への参加や他の人との交流を拒否する
  • 触れたり触れられたりしないようにする
  • 他人に影響を与えない騒音について不平を言う
  • 興奮しすぎる
  • 明るい光の周りの目を覆う
  • アイコンタクトが悪い
  • 耳を覆って音や声を閉じる
  • タスクを完了せずに常にアクティビティを変更する
  • 靴、靴下、タグ、またはさまざまなテクスチャによって引き起こされる刺激
  • 触覚、動き、視覚、または音に対する過敏症
  • 社会的相互作用に問題がある
  • 非常に高いまたは非常に低い活動レベル[1]
  • 筋肉の緊張
  • 多汗症(極度の発汗)
  • そわそわと落ち着きのなさ
  • 怒りの爆発
  • 自傷
  • 不眠と倦怠感
  • 集中力の低下[4]

感覚過負荷は、感覚の過剰刺激から生じる可能性があります。

  • 聴覚:大きなノイズ、または複数の人が同時に話しているなど、複数のソースからの音。
  • 視力:混雑または雑然としたスペース、明るいライト、ストロボライト、またはテレビでの混雑や頻繁なシーンの変更など、動きの多い環境。
  • においと味:強い香りや辛い食べ物。
  • 接する:他人に触られたり、布の感触などの触感。 [5]
  • 前庭:めまいや乗り物酔いなど。

感覚過負荷は、次のような他の障害や状態に関連していることがわかっています。

  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
    • ADHDの人は、若い頃から感覚刺激に対して過敏症を示します。この過敏症は、しばしば成人期まで持続します。 [6] [7] ADHDの人は、ほとんどの事象関連電位に関して感覚処理に違いはないようですが、P300、CNV、Peなどの後期認知処理に関連する事象関連電位応答に有意差を示します。 ADHDの過敏症は、感覚刺激の期待と注意の割り当ての異常によって引き起こされることを示している可能性があります。 [7]後の認知処理の異常は、ADHDの人々の過敏症と感覚過負荷の感覚に寄与する可能性があります。
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
    • PTSDの人は、感覚ゲーティングの問題によって部分的に引き起こされる感覚刺激に対する一般的な過敏症のために感覚過負荷になりがちです。これは、PTSDの人がP50ゲーティングの障害と冗長な聴覚刺激をフィルタリングできないことに苦しんでいるという事実によってサポートされています。 [8] [9]神経伝達物質の産生と反応の不規則性は、特にPTSDの人の感覚過負荷の考えられる病因のひとつです。特に、PTSDの人は、ドーパミンとノルエピネフリンの慢性的な恒常性の不均衡により、刺激に対して過敏症を示すことがあります。 [9]感覚刺激に対するPTSDの人々の過敏症は、健康な対照と比較して増強されたP300事象関連電位反応によってサポートされており、逸脱した顕著な刺激に対する半永久的な注意の高まりを示しています。 [8]
  • 強迫性障害(OCD)[10]
    • OCDを持つ人々は、変化する環境に対して認知的柔軟性がないことを示します。 [11] OCDの人は、否定的な状況を示す刺激に対して過敏症であるようであり[12]、この過敏症は感覚過負荷の一因となる可能性があります。 OCDを持つ人々は、自己不信と完璧を達成したいという願望のために、反復的な行動を実行することを強いられていると理論づけられています。 [13] OCDを持つ人々の強迫観念の一般的な引き金は、汚染の認識です。OCDを持つ人々は、一般的に、繰り返しの手洗いによる汚染の認識に対処します。 [13] OCDの人が手に汚れをつけるなどの強迫神経症を誘発する環境刺激にさらされる状況では、彼らは感覚刺激に圧倒され、次のような強迫神経症でストレスを軽減することによってこの感覚過負荷に対処することがあります。繰り返し手洗い。
  • 解離性同一性障害(DID)
  • 統合失調症(感覚ゲーティングも参照)[14]
    • 統合失調症の人は、反復的で重要でない感覚刺激から注意をそらすことができないため、感覚過負荷になりがちです。 [15]統合失調症に表示される関連する刺激に焦点を合わせ、不要で過剰な感覚刺激を除外できないのは、生理学的感覚ゲーティングの問題によるものであり、ペアクリックP50テストを使用して、個人に感覚ゲーティングに異常があるかどうかを判断できます。したがって、感覚過負荷になりがちです。 [16]統合失調症患者の感覚過負荷を説明する提案された理論は、アルファ-7 [15]の異常と低親和性ニコチン性アセチルコリン受容体が、感覚ゲーティングを促進する皮質と海馬の間の正常な伝達経路を妨げるというものです。 [16]
  • ミソフォニア、病的な「音の憎しみ」
    • ミソフォニアの人は、噛む音、丸呑み音、指のタッピング音、足のシャッフル音、咳払い、ペンのクリック音、キーボードのタッピング音など、特定のパターンベースのノイズに対して過敏症を示します。交感神経系。 [17]ミソフォニアの人々は、ミソフォニア反応を引き起こすノイズにさらされると、聴覚刺激によって過負荷になっているように感じ、トリガーとなるノイズから逃れるか、ブロックしようとします。 [17]健康な対照と比較して、ミソフォニアの人々はミスマッチネガティブ(MMN)に反応して低いN100ピークを示しますが、これは状態と感覚過負荷の信頼できるバイオマーカーではありません。 [17]感覚過負荷の傾向を示唆するより信頼性の高い指標は、トリガーノイズによって引き起こされ、fMRIによって測定できる前島皮質の活性化の高まりであり、前島皮質は感覚を引き起こす経路に関与している可能性がありますミソフォニアを持つ人々の感覚過負荷の。 [17]
  • 共感覚
    • 書記素色合成の人の視覚野は、一般の人よりも興奮しやすいという証拠があります。さらに、書記素色合成の人は、無条件の人に比べて視覚刺激に対してより強く反応します。 [18]書記素色の共感覚を持つ人々は、中高空間周波数の格子に反応して視覚的ストレスと不快感を感じると報告し、[18]強い視覚刺激によって引き起こされる感覚過負荷反応と相関しています。
  • 全般性不安障害(GAD)
    • 全般性不安障害の人々は、外的不安の引き金となる刺激に非常に敏感であり、神経症的思考を通じてこれらの引き金への曝露に対処します。 [19]全般性不安障害の人は、感覚刺激を否定的または脅迫的であると認識する傾向があり、この偏見は否定的な思考プロセスにつながり、心配、ストレス、不安の感情をさらに悪化させます。 [19]全般性不安障害の人は、曖昧で中立的で感情的な刺激に対して過敏で過覚醒しており、しばしばそのような刺激を否定的なものとして区分します。 [19] GADのある人は、新しい環境にいるとき、または新しい人と対話するときに感覚過負荷になりがちです。これらの場合の曖昧で中立的な刺激は通常、脅迫的または否定的な青年として処理され、GADの子供は特に新しい刺激を避け、苦しんでいます。は、活動亢進の交感神経系または活動不足の副交感神経系のいずれかによって誘発されると理論づけられています。 [19]
  • 自閉症スペクトラム障害[20] [21]
    • 自閉症やアスペルガー症候群などの自閉症スペクトラム障害を持つ人々は、感覚過負荷につながる可能性のある聴覚過敏症に苦しんでいます。 [22]自閉症の人は、P50感覚ゲーティングの異常に悩まされていませんが、N100テストに関連する感覚ゲーティングに異常があり、注意に関連する方向とトップダウンの精神経路の不規則性を示しています。 [22]標準的なP200およびN100応答からの逸脱によって明らかにされる、関連するまたは顕著な刺激に注意を向けることに関する障害および問題は、自閉症の人々の感覚刺激に圧倒される感覚の一部の原因であると推測されます。 [22]
  • トゥレット症候群(TS)
    • トゥレット症候群の人々は、求心性体細胞信号の歪んだ平均振幅よりも高い振幅の結果として部分的に高次処理に起因する体感に対する過敏症を持っていることが示唆されています。 [23]トゥレット症候群の感覚を持つ人々は、チック反応を実行する身体の領域にしばしば局在するチックを行うように促します。 [23]チックは、感覚がチックとして現れる動きを引き起こす感覚処理の問題によって引き起こされる可能性があると理論づけられています。 [24]さらに、トゥレット症候群の人々は、感覚過負荷につながる可能性のある気を散らす刺激を抑制することが中程度にできないことを示しています[25]。トゥレット症候群の人は、圧倒的な感覚刺激の環境でチック症を発症する傾向があるかもしれません。
  • 線維筋痛症(FM)
    • 線維筋痛症の人は、明るい光、大きな音、香水、低温などの強い刺激に過敏に反応します。この状態の人は、過興奮性の侵害受容器も持っています。 [26]線維筋痛症の人は強い刺激を受けると、痛みという形で感覚過負荷を経験します。左背外側前頭前野の異常な活動とセロトニンの産生または受容の低下が、強い刺激に反応した痛みの感覚に部分的に関与していると理論づけられています。 [26]
  • 慢性疲労症候群(ME / CFS)
    • 慢性疲労症候群の人は、有害な刺激、ストレス、痛みに対して過敏症を示します。 [27]これらの感受性は、セロトニンとアセチルコリンが関与する異常な神経伝達物質経路によって部分的に説明されています。 [27]この状態の人が強い刺激にさらされると、痛み、倦怠感、吐き気、認知能力の低下が報告され、慢性的な感覚過負荷が脳の霧の感覚を引き起こします。 [27]

感覚過負荷を治療する方法はたくさんあります。 1つは、この緊張を和らげることです。作業療法に参加することですが、症状のある人が自分で緊張を和らげる方法はたくさんあります。感覚過負荷の自分自身のトリガーを特定できることは、それらを軽減、排除、または回避するのに役立ちます。 [28]ほとんどの場合、感覚過負荷の症状を緩和する最も簡単な方法は、状況から身を引くことです。関節や靭帯の受容体を刺激する固有受容感覚と組み合わされた皮膚への深い圧力は、しばしば神経系を落ち着かせます。不快な音を消したり、照明を下げたりするなど、感覚入力を減らすことが役立ちます。落ち着いて、音楽に焦点を当てている人もいます。少し休憩しても問題が解決しない場合は、休憩を長くすることをお勧めします。感覚処理の問題を抱えている人々は、感覚過負荷を防ぎ、感覚入力をより一般的に処理するように脳を再訓練するように設計された活動と調節の感覚食から利益を得るかもしれません。感覚過負荷の状況では、自分を落ち着かせて通常のレベルに戻すことが重要です。 [5]

感覚過負荷に対処するには、回避、制限の設定、瞑想の3つの異なる方法があります。回避のプロセスには、より静かで整然とした環境を作ることが含まれます。これには、ノイズを最小限に抑え、雑然とした感覚を減らすことが含まれます。感覚過負荷を防ぐには、大きな出来事の前に休息し、一度に1つのことに注意とエネルギーを集中させることが重要です。制限を設定するには、さまざまなアクティビティに費やす時間を制限し、混雑や騒音を注意深く回避するように設定を選択する必要があります。感覚過負荷を防ぐために、特定の人とのやり取りを制限することもできます。 [5]

感覚過負荷を経験しているとき、情報を区別して理解するのは難しいかもしれません。ホワイトノイズや明滅する光などの無意味な刺激でさえ、感覚過負荷を引き起こす可能性があります。 [29]多くの企業が特に広告の際に互いに競争するため、感覚過負荷は消費者の間で一般的です。広告主は、顧客の注意を引くために、最高の色、言葉、音、質感、デザインなどを使用します。 [30]これは、消費者がより注目を集める製品に引き付けられるため、消費者に影響を与える可能性があります。 [30]ただし、政策立案者や広告主は、情報や注意を引く製品が多すぎると感覚過負荷を引き起こす可能性があることに注意する必要があります。

公共政策の意味編集

情報過多に関する公共政策の意味には、2つの主要な仮定があります。 [29]政策立案者が持っている仮定は、第一に、消費者が情報を処理するために大量の処理能力と大量の時間を持っていると仮定することです。 [29]第二に、消費者は、提示された情報の量について深刻な懸念を抱くことなく、いつでも情報を吸収することができます。 [29]研究者が指摘しているように、政策立案者はプロセスと情報の入手可能性の違いをよりよく理解する必要があります。 [29]これは、情報過多の可能性を減らすのに役立ちます。場合によっては、コマーシャルでそのような情報を処理する時間は30秒のうち6秒になることがあります。 [29]これは、消費者が彼らに投げられたそのようなペースの速い情報で混乱し、過負荷になる可能性があります。消費者が情報を処理する方法を理解するには、3つの要素を分析する必要があります。提供される情報の量、修正情報のソース、およびそれがすべて消費者に提示される方法などの要因。 [29]メディアの種類が異なれば、処理要求も異なります。政策立案者が広告主に試してもらうための最適な結果は、テレビコマーシャルを通じて製品に関する簡単な事実を述べた情報を提示し、視聴者に詳細についてWebサイトをチェックするように促すことです。したがって、コマーシャルの迅速な処理時間は情報で過負荷にならず、消費者を感覚過負荷から救いました。

消費者への影響編集

今日の消費者は、ラジオ、看板、テレビ、新聞などを通じて、過負荷と豊富な情報に対処することを学ぶことを余儀なくされています[29]。情報はいたるところにあり、あらゆる角度と方向から消費者に投げかけられています。したがって、論文「情報と感覚過負荷」の著者であるナレシュK.マルホトラは、次のガイドラインを提示します。 [29]最初に、消費者は、感覚過負荷を回避するために、外部情報と感覚入力の摂取を制限しようとしなければなりません。 [29]これは、消費者の注意を引くためにメディアやマーケターによって提示された無関係な情報を調整することによって行うことができます。第二に、重要な情報を精神的にではなく外部に記録します。個人が自分の感覚で過負荷になると、情報は精神的に簡単に忘れられる可能性があります。 [29]したがって、消費者は、重要な情報を精神的に保存するのではなく、書き留めておくことをお勧めします。第三に、製品を調べるときは、一度に5つ以上の製品を調べて感覚を過負荷にしないでください。 [29]これは混乱と欲求不満につながります。 [29]第四に、周りに無関係な情報が少ないところで情報を処理する。 [29]これにより、外部情報や、ホワイトノイズや環境内に提示されるその他の情報などの感覚的な気晴らしが排除されます。最後に、快適でリラックスした体験をすることが重要です。 [29]これは、ストレス、圧倒的な感覚、および感覚過負荷の経験を軽減するのに役立ちます。

人間の感覚とマーケティング編集

マーケティングで感覚を使用することは、有用な販売戦術になる可能性があります。最も一般的には、マーケターは五感のうち四感で人間を利用して、顧客に提示される情報の量を増やします。

  • 匂いの感覚は、人の製品の評価に影響を与える可能性があります。研究者は、良い感情または悪い感情は匂いによって生成され、通常は育成、感情、学習、さらには文化に関連している可能性があることを示唆しています。 [30]したがって、匂いの感覚は、特定の製品に個人の注意を引くためのツールです。
  • 聴覚は力強い感覚です。耳はあらゆる種類の情報を拾うことができ、人々の気持ちに貢献することができます。 [30]マーケターは、消費者の感情を生み出し、制御するのに役立つ音楽を演奏します。この音楽は、ブランドとの前向きで快適な関係を築くのに役立ちます。
  • 触覚は、製品の品質を決定するのに役立ちます。 [30]したがって、特定の製品の企業は、消費者が触覚を利用できるようにします。 [30]「ここにタッチ」または「私を感じて」のサインは、顧客が製品と対話することを奨励します。会社の顧客が製品に触れることを許可することは、彼らの感覚から情報を追加するのに役立ちます。
  • 視覚は、マーケターが最も重視する感覚です。 [30]研究者は、消費者がオレンジや赤などの暖かい色を見ると、血圧と心拍数が上昇することを発見しました。 [30]逆の効果は、顧客が緑や青などのクールな色を見たときに発生します。 [30]したがって、ファーストフード企業は、広告やマーケティングの目的で、迅速かつ迅速に象徴するために赤を使用することがよくあります。

感覚過負荷に関する研究はあまり行われていませんが、東北大学の日本人研究者による研究を論じたトピックに関する研究レビューの一環として、Lipowski(1975)[31]によって感覚過負荷研究の一例が報告されました。東北の研究者たちは、3時間から5時間の範囲の監禁状態でランダムに提示された強い視覚的および聴覚的刺激に被験者をさらしました。被験者は、攻撃性、不安、悲しみなどの気分の変化だけでなく、覚醒の高まりと持続を示しました。これらの結果は、感覚過負荷に関するさらなる研究への扉を開くのに役立ちました。

社会学者のゲオルク・ジンメルは、1903年のエッセイ「メトロポリスとメンタルライフ」で感覚過負荷の説明に貢献しました。ジンメルは、都市に住む人々が正気を保つために障壁を作らなければならない、絶え間ない感覚刺激の都市景観について説明しています。ジンメルにとって、現代の都市生活の感覚過負荷は、身体のエネルギーの貯蔵庫を枯渇させ、とりわけ、うんざりした、または冒涜的な[blasiert]精神と、他者への計算的で道具的なアプローチにつながります。 [32]シンメルのアプローチは、シェルショックに関するフロイトの著作や、1939年のエッセイ「ボードレールのいくつかのモチーフについて」のヴァルターベンヤミンの「ショック」と都市生活の分析と比較することができます。


ペット専門家のための犬の咬傷予防の基本

犬の咬傷は、犬の飼い主だけでなく動物を扱う人々が直面する危険なリスクです。 Veterinarians play an important role in their own safety, the safety of their staff and clients, and the welfare of the pets in their care. While the risk of dog bites is high in veterinary practice 1,2 , it is often thought of as an unavoidable aspect of the job.

Dog bites or dog-related injuries are the result of the perfect storm of situation and circumstance. Biting may be directed at either familiar or unfamiliar people of any age as well as other animals. Preventing injuries can only happen if the causes of biting are considered. Pets receiving medical attention at a clinic or being groomed by a professional may be restrained, poked, or prodded during a procedure, triggering a fearful response.

Pain and Fear

Dogs bite in the veterinary hospital because they are afraid or in pain. Dogs who have been in a veterinary setting previously may have developed fear from the experience. Any dog may eventually bite depending on the circumstances, even if other visits have been uneventful.

Think of taking a child to a pediatrician for the first time. Some children are relaxed and calm until they experience the cold end of a stethoscope or the sting of a vaccine. After that first experience, the smell of a doctor’s office or even seeing a person in a white lab coat can cause them to cry out in fear.

Trapped and Helpless

In many veterinary hospitals, the exam room is a small space. Fear can escalate when the pet feels there is no escape. How the owner and professional staff interact or react to the dog can also add to the dog’s apprehension. Coupled with the sounds and smells of the clinic, the dog may be anxious before even getting in to the exam room. Once in the room, the door closes and the owner may tighten the leash or hold the dog tighter, resulting in the dog becoming anxious because she senses a change in how the owner is feeling. Now the dog feels trapped and anxious, triggering the “fight or flight” response.

Sensory Overstimulation

It doesn’t take much for a dog to quickly become overstimulated at a veterinary clinic or grooming facility. Barking dogs, new people, and all of the sights and sounds can trigger a dog to react. And this is just in the waiting room! Once the dog is placed in a small exam room, all of that anxious energy can explode when the first person enters the room, usually a veterinary technician or veterinarian. It is no surprise that dogs may become “defensively aggressive” to the approaching veterinarian or technician.

Reduce the Fear to Prevent the Bite

Understanding how a dog can quickly become anxious or fearful is an important first step. So how do you mitigate the risk of a dog bite? Once the dog is aroused, her ability to learn something new is diminished. Veterinary team members should strive to use handling procedures that emphasize gentle control while allowing the animal to make choices.

  1. Read body language. Pay attention to the dog’s body language for signs that she may be fearful, anxious, or ready to bite.
  2. Let the dog be last. For dogs who feel confined in the exam room, allow the dog and owner to be the last individuals to enter the examination room.
  3. Postpone greeting the patient. Do not rush to greet the patient instead, give the dog some time to decide about interacting and respect the dog’s space.
  4. Approach sideways. Have the owner bring the dog to the center of the room and approach the dog from the side instead of the front.
  5. Feed tidbits. Use food liberally throughout the visit to create a positive experience for the dog.
  6. Protect the client. Educate the client about safely medicating the dog at home.
  7. Keep patients happy. Make every effort to ensure the dog’s visit to the clinic is as positive as possible allow the pet to learn that visits include delicious food, consistent routine, and gentle handling.

All patients, including those with fear, anxiety, and/or aggression, require gentle and careful handling. Teaching dogs that a veterinary clinic is filled with calm, nonthreatening staff who offer delicious food, consistency in routine, and patience will help reduce stress and the risk of a bite or injury for everyone involved: the dog’s owner, the veterinary staff, and the patient whose welfare is everyone’s goal.

The client communications aspect of this problem is significant as well. Consider the situation from the perspective of the client who thinks of their pet as a family member or even a child.

When a parent takes their (human)child to the doctor, school, or any professional they expect the child to be protected and treated with gentleness and kindness. Imagine taking your son or daughter to get their haircut only to have the stylist have another person hold them down while loud clippers are brought close to their most sensitive body parts, or having a doctor put restraints on your child to give them a vaccine or check their throat if they are sick. It would never happen.

In the same way, when a pet owner takes their dog to a veterinarian or other pet professional they expect their pet to be nurtured just like a human child. They want every experience to be positive, even when the pet is in pain.

Now imagine telling that pet parent that their pet bit someone at the clinic – a vet tech, veterinarian, groomer, or another dog. Is that pet parent going to trust your clinic again, knowing their dog or cat was so scared they bit someone?

National Dog Bite Prevention Week is April 7-13, 2019

The National Dog Bite Prevention Week Coalition is comprised of organizations committed to reducing the number dog bites trough education. Members include State Farm, the American Veterinary Medical Association (AVMA), the Insurance Information Institute (I.I.I.), and American Humane.

  • State Farm believes that educating dog owners about being responsible will help reduce dog bite injuries. It is also one of the few insurance companies that does not have a breed restriction list and does not exclude homeowner or renter insurance coverage because of the breed of dog owned. The company focuses on educating people and pet professionals about dog body language and safely interacting with dogs by working with two of the most prominent experts in the field of dog training and veterinary medicine, celebrity dog trainer Victoria Stilwell and Fear Free founder Dr. Marty Becker.
  • The American Veterinary Medical Association estimates there are approximately 78 million dogs in U.S. homes and each year 4.5 million people are bitten or injured by dogs. “Even the gentlest dog can bite if they are in pain, feel threatened, or are competing for resources such as food or space,” says Dr. John de Jong, AVMA President. “Not only is it important to understand how dogs behave, it is important to understand how a dog may interpret our behavior.” AVMA’s ‘Jimmy the Dog’ video series lets preschoolers look at how a dog might interpret different scenarios.
  • American Humane says that dog bites are a double tragedy affecting both people and animals. “A dog bite can have a devastating effect not only on the victim, but on the dog, who may be euthanized,” says Robin Ganzert, PhD, president and CEO of American Humane.
  • The Insurance Information Institute reports that insurance companies across the country paid nearly $675 million for dog-related injury and bite claims in 2018. The average amount paid per dog bite claim was $39,017.

  1. Landercasper J, Cogbill TH, Strutt PJ etal。Trauma and the veterinarian. J Trauma, 1988 28:1255–1259.
  2. Lin, Lesley, Robertson, et al. Injury in Australian veterinarians. OUP Academic, 2006.

This article was reviewed/edited by board-certified veterinary behaviorist Dr. Kenneth Martin and/or veterinary technician specialist in behavior Debbie Martin, LVT.

This article is brought to you in collaboration with our friends at State Farm.


Give Your Pup the Sensory Garden of His Doggo Dreams

We bet you and your dog have a lot in common, including your love of the great outdoors! Enhance your pooch's outdoor experience with a sensory garden designed with him in mind.

Related To:

Yelling at your dog to get out of the garden is so last decade. Building a garden especially for your dog is the new thing. It’s called a pet sensory garden, or an enrichment garden, and you fill it with plants and features that spark your fur baby’s canine instincts.

655251404

Photo by: iStock/ChristopherBernard

A sensory garden appeals to a dog’s strongest sense: smell. Scientists estimate a dog’s nose to be tens of thousands of times more sensitive to odor than ours. If their eyes were as strong as their noses, what a human can see at a third of a mile, a dog could see more than 3,000 miles away. And the part of their brain that’s devoted to analyzing those smells is, proportionally, 40 times greater than ours. So get a dog sniffing, and you get his mind working.

“Each smell is like reading a different book for a dog,” says Dr. Julie Albright, assistant professor of veterinary behavior and the PetSafe Chair of Small Animal Behavioral Research at the University of Tennessee Vet School. So look at enrichment garden as building a library for your dog.

808022474

A dog smelling a chamomile flower.

Enrichment gardens got their start at animal shelters looking for ways to de-stress dogs who were cooped up in kennels. Steve Hill, an animal behaviorist at the Bath Cats and Dogs Home, had noticed how fascinated his own dogs were with his herb garden, sniffing and sometimes eating the plants. So he built a sensory garden for the dogs at the shelter and filled it with plants known to have medicinal properties, like chamomile and rosemary. He included a muddy area for the dogs to walk in and a sand pit for dogs to dig in. Hill began letting the shelter dogs loose in the garden, and the results were immediate. “Nervous dogs would explore the garden, and you could see them calm down. Timid dogs would get more confident and play and explore more,” he says.

Science backs up Hill’s observations. Researchers at Queens University Belfast found that dogs exposed to the scent of lavender and chamomile oils spent more time quiet and resting, while dogs exposed to rosemary and peppermint pepped up, playing and barking more. Scent investigation, as it’s called, makes a dog happier and healthier.


Signs of Stress in Pets

Your pet’s body language can say a lot about how relaxed or stressed your dog or cat feels. “We’re naturally attuned to stress in other people,” Dr. Becker says. “We know what a happy dog looks like, but what does a stressed pet look like? Stress increases cortisol, the fight or flight hormone, which over time can lead to long-term metabolic conditions.”

Major indicators of stress to watch out for in dogs include:

  • Excessive yawning
  • Excessively licking lips
  • Shaking dry when not wet
  • Trembling
  • Avoiding or hiding
  • Hardening of the eyes

For cats, keep an eye out for these signs:

  • A drop in energy or activity level
  • Changes in sleep habits
  • A change in appetite
  • Withdrawal
  • Aggression
  • Inappropriate elimination or spraying
  • Trembling
  • Excessive grooming leading to loss of fur and excessive meowing

Fortunately, some of the stress your dog or cat experiences is perfectly natural — like when they play — since it can keep your pet engaged and stimulated, allowing him or her to feel new sensations and learn new things. But chronic stress can lead to health issues. If you see any of the symptoms above, check with your veterinarian right away to eliminate any medical problems.


ビデオを見る: 学習心理学行動分析学問題行動を三項随伴性で考える後編DOGGY STATION 問題行動犬の心理学犬の行動学ドッグビヘイビアリスト


前の記事

シュナウザーを楽しんで問題を解消する方法

次の記事

けん引での犬の訓練:仕組み

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos