犬の脳腫瘍



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

犬の脳腫瘍:44例の後向き研究。

頭蓋内腫瘤のある44匹の犬の臨床病理学的特徴と転帰を遡及的に評価した。原発性頭蓋内腫瘍を有する21匹の犬、続発性頭蓋内腫瘍を有する11匹の犬、および転移性新生物を有する12匹の犬がいた。最も一般的な組織病理学的診断は髄膜腫(45%)であり、次に最も一般的な診断は神経膠腫(15%)、下垂体腺腫(10%)、および転移性腫瘍(10%)でした。最も一般的な原発性頭蓋内腫瘍は神経膠腫であり、腫瘍の大部分は終脳にありました。生存期間の中央値は、頭蓋内腫瘍の犬と他の神経疾患の犬で類似していた。外科的切除で治療された原発性頭蓋内腫瘍の犬は、そうでない犬よりも生存期間の中央値が長かった。髄膜腫の犬は、他の組織病理学的診断を受けた犬よりも生存期間の中央値が長かった。頭蓋内腫瘍のある犬の生存期間の中央値は、手術のみで治療された犬、または手術と他の治療で治療された犬で同様でした。全体として、生存期間の中央値は、手術のみで治療された犬と、手術と他の治療で治療された犬の間で差はありませんでした。転移性腫瘍を有する犬は、他のタイプの頭蓋内腫瘍を有する犬よりも生存期間の中央値が短かった。生存期間の中央値は、下垂体腺腫、終脳神経膠腫、およびその他の組織病理学的診断を受けた犬の間で有意差はありませんでした。下垂体腺腫、終脳神経膠腫、およびその他の頭蓋内腫瘍を有する犬は、髄膜腫、下垂体腺腫、およびその他の組織病理学的診断を有する犬よりも手術で治療される可能性が高かった。手術で治療された原発性頭蓋内腫瘍の犬は、そうでない犬よりも生存期間の中央値が長かった。手術で治療された続発性頭蓋内腫瘍の犬では、腫瘍を完全に外科的に切除した犬は、そうでない犬よりも生存期間の中央値が長かった。この研究では、原発性頭蓋内新生物の犬の生存期間の中央値が最も長かった。頭蓋内腫瘍のある犬の治療は均一に効果的ではない可能性があるため、頭蓋内腫瘍のあるすべての犬を可能な限り積極的に治療することが重要です。



前の記事

シュナウザーを楽しんで問題を解消する方法

次の記事

けん引での犬の訓練:仕組み

Video, Sitemap-Video, Sitemap-Videos